日光 美容室 理容室 着付け 成人式 七五三 カットシン

酸性について

  • できるだけ髪のダメージを抑えるために

    当サロンでは「お客様の既存しているダメージを進行させない」「ダメージしていてもより良い質感にする」「ダメージを復元させる」ということが、日々のスタイリング、お手入れが楽になるためにつながっていくと考えております。 そこで「酸性領域の薬剤」使用という結論となりました。とにかく現状で一番お客様にとって良い商品・良い薬剤を使用することを心がけております。

  • ANCESを使用しています

    アンセスは酸性側でしっかりとした還元力を発揮でき、ダメージを最小限に抑えます。低pH・高pHの薬液に比べてカラーの退色が少ないのも特徴です。

なぜ、いま酸性なのか?

  • 1900年代「髪を曲げる」

    ダメージは仕方のないものと理解されていました。

  • 2000年代「いかに髪を曲げるか」

    カラーが隆盛を極め、カラードヘアが増えたことにより、カラーとの相性やカラーによるダメージを考慮した様々な薬液が登場しました。

  • 2010年代「アルカリの是非」

    ケミカルダメージ以外に物理的なダメージ(アイロン熱など)を負った髪に対する適切な施術の一つとして薬液の低アルカリ化が進みました。

  • 2013年~「酸性領域」

    現代ではダメージした髪に施術を行うことが前提となっています。新たな酸性領の還元剤の登場により、ダメージがあっても良い質感でヘアスタイルを作れるようになりました。

  • 〒321-1261 栃木県日光市今市400 MAP>
    TEL: 0288-21-0593

  • 営業時間: 9:00~18:00
    定休日: 毎週火曜 / 第1・3月曜日